TOEIC

TOEICの文法の勉強は「文法特急」一択です

投稿日:

TOEICの文法で悩んでいる人

「文法無駄に時間かけちゃうんだよな、、、」

「文法落とすのってもったいないよな、、、」

「勉強にあんまり時間かけたくないから、いい参考書ないかな、、、」

といった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

 

  • 文法の勉強は文法特急一択
  • おすすめの勉強方法

 

TOEIC歴としては次の通り

 

TOEIC500点から3か月で750点取得

その後、半年かかって自身最高の810点まで点数アップ

800点台とかショボいと思われたでしょうか?(笑)確かに最高得点はショボいですが、短期間で点数アップする方法は知っていると自負しております。

時間のない皆さんにそのあたりをお伝えできればと思います。

 

文法の勉強は文法特急一択

文法特急という参考書ご存じでしょうか?下の画像のような参考書です。TOEICの文法を対策するなら、この一冊で十分です。ここでは、その理由をお伝えします!

 

 

完全にTOEIC対策のための本

 

良くも悪くもこの本は完全にTOEICに寄せて作られています。そのため、この本を別の試験のために使うのはやめた方が良いでしょう。

ただ、TOEIC対策に関してはかなりの良書です。特に、解説の部分で判断するための見るべきポイントが書かれていて、正面突破ではなく少しテクニカルな解き方を教えてくれます。更にそのテクニックは回答スピードを上げてくれます。

文法問題は、できる限り時間をかけたくない部分になるため、この本が教えてくれるテクニックを使うことで、時間に余裕をもって長文読解に移ることができるようになります。

また、少しひねった問題の対策もしっかり書かれているため、文法に関して無駄に悩むことが減ります。

 

回答目安時間が書かれている

 

文法特急では一問ずつ回答目安時間が書かれています。目安時間と言っても、求められるスピードはかなり高いです。というか、しっかり読んで解こうとすると確実に間に合いません(笑)。

この本を勉強する際の最終目標は、目安時間以内にすべて回答できるようにすることです。正解を導くことは当然大切ですが、スピードを身に着けることも重要ですので。

 

おすすめの勉強方法

 

文法特急の特徴が分かったところで、お勧めの勉強法をお伝えします。

 

一周目は普通に解く

 

まず、一週目は普通に解きましょう。問題自体がTOEICの演習となるので、力試しとして時間をかけてもいいので、解いていきましょう。問題自体普通に難しいので結構間違えます。

解き終えたら解説を読んでいきますが、解説には早く回答するためのポイントが書かれています。最初からすべて覚える必要はないので「ふーん」くらいに思っておけば良いです。

 

二周目以降は時間をはかる

 

二周目以降は、時間をはかりながら解いていきましょう。なるべく設定時間以内に回答ができるように、ただ、正解を根拠を持って導けるように気を付けて。

二周目ではまだ難しいと思いますが、数を重ねるごとにスピードは確実に上がりますし、正答率も上がります。

800点くらいを目指す人なら、正答率80~90%くらいを目指せばよいと思います。簡単な問題を落とすのはNGですが、難しい問題が解けなくて時間をかけてしまうくらいなら、いっそ捨ててしまうのも一つの手です。

こういった、捨てる問題の見極めみたいなところもできるようになるとベストです。あとは、ひたすら練習しましょう。

 

まとめ

 

今回は、文法対策として「文法特急」を紹介してきました。文法は慣れていないと無駄に時間がかかる割に正答率が上がりません。スピードを上げつつ正答率も上げてくれる、この本はかなりおススメです。

ぜひ使ってみてください。

 

-TOEIC
-

Copyright© 人生を変える備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.